魅力的なポスト

転職を考えている方の中には看護部長のポストを希望されている方もいるでしょう。
看護部長求人.biz(http://xn--gmqu33ewmhrjv9ggclh.biz/)には看護部長への転職を成功させる様々な情報が掲載されていますが・・・・やはり最初から看護部長として転職と言うわけにはいかないようですね。
いくら多くの実績を持っている看護師であっても、まずは実際に働いてもらって適正を判断しなくてはならないでしょう。
また看護部長として働くからには人間性や人を上手に纏め上げる十分な能力も必要になります。
看護師から信頼される部長でなければ、職場も円滑に回っていかないからです。
そういった面からも看護部長を決めなくてはならないので、転職の際は「部長候補」という形のものになるそうです。
本当は転職をしなくても現在働いている職場で部長に昇進できれば一番良いのですが、看護部長のポストは多くはないため、なかなか難しかったりするのでしょうね。

看護部長のポストは少ないため、求人情報は非公開扱いとなることがほとんどだそうです。
もし公開求人としてしまうと、多くの看護師が殺到してしまうのでしょう。
看護部長になれば看護師をまとめ指導する責任は生じますが、業務内容はそれほど大きく変わらないのだそうです。
なのである程度の経験を積んだ看護師は、普通の看護師よりも給料の良い看護部長のポストを希望する方が多いのだとか。
つまり少ない求人に多くの応募者が集まってしまうので非公開になっているんですね。
もちろん非公開でも自分だけに紹介されるわけではないですから、競争率はやはり高いかと思います。
それでも転職サイトを利用して転職を成功させた方は多いですから、積極的に転職活動をされてみると良いでしょうね。

それでは看護部長になるとどのくらいの年収になるのかというと・・・・年収800万円以上というのも可能だそうですよ。
中には年収1000万円という案件もあるそうですから、確かに転職先として人気が高いのも頷けますよね。
普通の病院で働く看護師の年収が400万円~600万円ですから、かなりアップすることになります。
年収アップの割には業務も大きく変わらないのですから、なかなか魅力的なポストになるのでしょう。
ちなみに看護部長という呼び名が確かに一般的ではあるものの、病院によっては看護部長ではなく、総看護師長や総婦長と呼ばれることもあるようですね。
もちろん呼び名が違っても業務内容は同じになります。
多くの知識や技術を持ち、看護師を纏め上げる自信がある方にピッタリの転職先ですよね。
[PR]
by ryouti0205 | 2012-09-22 23:05


<< 地方都市でも妥協しないために カード >>